DTM・DJ・Bass Musicなどのブログ

リミックスの手法の一つ、『マッシュアップ』の作り方【吉幾三 + Zomboy】

2019/05/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
 
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、杉本卓哉です。

今回は、タイトル通り『マッシュアップ』の作り方です!

そもそも、『マッシュアップ』とは?

そこから説明していきますね。

そんなの知ってるぜ!って人は飛ばして読んでね!

『マッシュアップ』とは?

マッシュアップ【mashup】
 
ポピュラー音楽で,二つの既存楽曲の要素を取り出して組み合わせ一つの新しい楽曲を作り上げるリミックス手法。

三省堂 大辞林より

古くからある手法で、ニコニコ動画やYouTubeなどで『マッシュアップ』で検索するとたくさん見つかるので、見てみると面白いと思います。

マッシュアップを作ってみた

てことで、早速作ってみました。

音楽的に成立させたい場合に押さえておくべき2つのポイント

コードとか無視して勢いで成立させるマッシュアップ曲も好きだけど、

今回は、音楽的に成立させたいときに押さえておくべきポイントを

2つを紹介したいと思います。

1、『BPM』をそろえる

2つの曲のBPMが合っていないと、どんどんリズムがズレてしまうので、

きっちり合うようにしておくことがベスト。

BPMがきっちり合ってると気持ち良いです!
昔の音源などではBPMが一定ではない事もあるので、波形の編集が必要な場合もあります。

2、『キー』をそろえる

キーが同じである方がベストです。

2つの曲を合わせた時に違和感がなく、もともとこういう曲だったかのように聴くことが出来ます。

近親調でも大丈夫な場合があるので、色々な組み合わせを実験してみるといいと思います。

合うかどうか色々実験する場合、

DJアプリを使うことをオススメします。

DJアプリを使うと、組み合わせを試す量とスピードが爆増し、

選曲の精度が高くなるので、

絶対に使った方がいいです!

DJアプリに曲を読み込ませると『キー』を識別してくれるので、
同じキーになるように調整します。

例えば、上の画像を例にしたとき、

左側のオケトラック(Fm)のキーを一つ下げて、

右側のボーカルトラックのキー(Em)にそろえているところです。

ちなみに、ここで使用しているDJアプリはMac版『serato DJ Pro』です。

スマホでも似たようなDJアプリがたくさんあるのでオススメです。

おわりに

この2つのポイントを押さえておけば、ほぼ問題ないです。

これらのポイントを踏まえて組み合わせる曲の選曲も大事になってくるのかなと思います。

それでは、ぜひマッシュアップを作ってみてくださいね!

それじゃまたね!

この記事を書いている人 - WRITER -
 
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

Copyright© MIDI BASS , 2019 All Rights Reserved.